情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

ベテラン社会人の渉外営業担当から、迫りくるAIの荒波を妄想した話

渉外営業は個人や法人に対して、アフターフォローなどの接点から顧客の問題点やニーズを嗅ぎ取り、フレキシブルに提案していく仕事です。

 

会社でレンタルしている複合機の、渉外営業担当が変わりました。

 

推定50台の男性。営業の雰囲気はなく、事務系や技術系から配置転換されたような感じ。※注:主観です

 

会話も、どこかぎこちない。

「カラー印刷に色ムラがあります」

「そうですか」

「はい、そうなんです」

(現状を確認することなく)

「なるほど。では技術を手配します」

「え?、、、わかりました」

「ではこれで」 

まるでロボットと話をしている感じ。営業経験のある人なのか、営業に転向したのかはわかりませんが、どちらにせよ対応の満足度は低いものでした。

 

ふと思い出したのは、2016年・日経の一面に掲載された記事です。

www.nikkei.com

 

19世紀から20世紀にかけて、主に製造分野で機械化が進みました。21世紀は事務分野でAIが広がりはじめています。

 

人間が行っていた仕事を、AIが一瞬で処理する。しかも

ミスなく

疲れを知らず

愚痴や不満を言うことなく

腹を空かせることなく

膨大な量を正確に。

 

こうして、AIで処理できる仕事がどんどん広がっていくと、人にしかできない仕事・人が行うことで価値ある仕事が際立っていきます。

 

典型的なのは営業です。

 

人の気持ちを読み・感じ、人の気持ちになって考え、人の役に立つことが、営業だけでなくあらゆる職種で求められてくると思います。

 

もちろんAIも万能ではありません。しかし先の話ではありませんが、人間がマニュアル通りに説明・対応しているだけなら、プログラミングされたロボットや、AIを搭載したコールセンターでも十分対応できてしまうのです。

 

もし、AIやロボットが応対する代わりに維持費用が安かったとしたら。

 

人と機械が仕事を分担する時代は、もう始まっています。

f:id:es4794:20171005073948j:plain