情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

みんなによく思われようとするから 誰からも好かれない。

嫌われてもいい覚悟でぶつかると

本当に嫌われる人も出てくるし

本音で付き合える出会いがある。

 

大勢の前で話すとよくわかります。

 

みんなに嫌われないように思って話すと

大抵の反応は

「いい話を聞いた」

「いい上司だった」

「いい人だった」

で、終わります。

 

絶対に怒られない。

不快な思いをしない。

安全で心地いい。

すると、舐められる。

 

全ての人によく思われようとするから

誰からも好かれない。

 

好かれるか嫌われるかは結果です。

誰からも好かれようと思うから

誰からも嫌われないように振舞い出すものです。

 

自分が良いと思う自分のよさを信じて

自分の言葉で自分を表現する。

それが生きるってこと。

 

もちろん一人では生きられないから

周りと協調していくことも必要。

でも、自分にフタをして周りに合わせるのは

協調ではなく我慢。

 

自分を、周囲を、会社を、コミュニティを

よりよくするために

自分の意見をありありと表現してみよう。

 

上手く話せなくたっていい。

大切なのは自分を表現するエネルギー。

 

ダメなら次にいく。

次がないと思う込んでしまうから

今にしがみついてしまう。

 

受け入れられるかは

やってみなければわからない。

だからこそ試してほしい。

疑うのではなく

信じるのではなく

やってみる。

 

正解はあるのではなく

正解にしていくものだと思います。

今はあらゆることに正解がない時代だから。

 

やってみたことの繰り返しが

1ページ1ページ積み重なると

世界でたった一つだけの

自分だけの教科書が手に入ります。

 

それが自信なのです。