情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

子どもが親の意見を聞かないときに最初にすべきこと

子どもに親のメッセージを届けるには、まず子どもの気持ちになりきることをおススメします。 

 

子供たちと出かけた公園で、池に氷が張っていました。

f:id:es4794:20180128213652j:plain

 

珍しいものが大好物の子どもたちは、迷うことなく氷で遊びだします。

・落ちている枝で氷を割ってみたり

・素手で氷を運んでは並べてみたり

・雪を丸めて氷上に投げ込んでみたり

 

一方、子ども達のようすを見ているだけで凍えそうな親としては、、、

・もし池に落ちたら

・もし風邪をひいたら

・もし雪や氷でしもやけになったら

 

心配が大きくなるほど、つい正論を言いたくなってしまうものです。

・危ないからやめておきなさい!

・風邪ひくからやめておきなさい!

・後で痛くなっても知らないから!

 

 

親なら誰だってわが子に痛い・辛い思いはさせたくありません。だから前もって警告する。無理もありません。

 

が、しかし。

そんなときほど正論を一方的に押し込むより、まず子どもの気持ちを理解しようとすると、子どもの心に雪解けが起こります。

 

なぜなら、自分の気持ちや意見を理解してくれる人からのメッセージと、頭ごなしに否定したり命令する人からのメッセージ。どちらの人の話を聞いてみようと思うでしょうか。

 

相手の気持ちを理解するためには、相手に興味を持つ必要があります。まるで好きな子に振り向いてもらうために、相手のちょっとしたしぐさや表情に、アンテナを張るようなイメージです。

 

それでも相手の真意がわからなかったり、思い違いがおきるのが人間です。

 

だからこそ、お互いが分かり合える手段として、コミュニケーションがあるのだと思うのです。