情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

子供は親の言葉ではなく背中を見て育つもの

仕事でも学校でも生活でも

社会の居場所には何かしら相手がいます。 

 

置かれた立場で義務を果たさず

自分が得をすることばかりを考えて

権利ばかり主張していれば

その主張した権利はいつか足元から崩れ去る。

 

だから自分本位ばかりの判断や

自分勝手な行動をしている人生は

協力が得られず、人が離れていき

自分の首を自分で締めていくように

やがて限界がやってきます。

 

自分だけ得すればいい。

自分の会社だけが利益を得られればいいという考えは

今の時代は機能しません。

一時的には得をしても、長期的に継続はしないでしょう。

 

社長であれば部下が

先生であれば生徒が

親であれば子供が

あなたの背中を見ています。

あなたが何を言うのかよりも

あなたが何をしたかを見て育ちます。

 

もしあなたが何かに挑戦しようとすれば

その背中を大切な人はきっと見ています。

その姿を見て自分の人生に役立てていくでしょう。

 

信じたことを信じて

大切にしたいものを大切にして

勇気を持って歩んでいけばいい。

 

そうすれば一度きりの人生

失敗があっても後悔はしないと思うのです。