情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

2017年をブログで振り返るトピックス10選

2017年も残りわずかになりました。

 

忘年会で一年を締めくったり、来年の方向性や計画を考える方も多いと思います。

  • 今年はどんな一年だったか
  • いつごろどんな事を考えていたのか
  • 来年は何を大切にしてどこへ向かおうか

そんなときにブログは超絶便利です。

 

月ごとにタイトルをざっと見返すだけでも、毎日書いてきたブログがタイムマシーンのように過去の自分に一瞬でアクセスできます。

 

2018年に向かって、2017年の主な活動をまとめてみました。※長文です(約5分)

 

1.就活支援「ITゼミ」

4年前から千葉で始めた専門学生のための就活支援「ITゼミ」。大学生の就活支援(わかちば。)に関わり「大学生でも就活に悩むのなら、就活がより短期決戦の専門学生・短大生の悩みや不安も大きいのでは?」と思ったのが始めたきっかけです。

 

12月で10回目を開催することができ、一緒に力を貸してくれる社会人や経営者の皆さまのおかげ継続してこれました。本当にありがとうございます。

 

近年の就職状況は超売り手市場。少子化や慢性的な人材不足に加え、学校側のキャリア支援も年々手厚くなっており、ITゼミの存在意義が薄れはじめてきたと感じています。次回の開催予定は未定ですが、学生や学校のニーズを再計測して就職支援のあり方を見直そうと思います。

 

 

2.うまれる上映会

若者をもっと元気にするために、映画うまれる上映会・新成人パーティーの裏を方で関わらせて頂きました。代表の行木さんを中心に、業種や会社を超えた各担当がスキマ時間をつなぎ合わせて企画を形にしていく。普段の仕事ではとても経験できないような貴重な体験になりました。

 

就職を意識している学生にコミュニティへの参加を勧めているのは、こうした裏方経験が大きいです。私もこれまでさまざまな地域貢献のコミュニティに参加して今後の方向性が定まってきました。アルバイトにはない価値があるコミュニティ、オススメです。

 

3.稲毛駅伝部

今年は4大会(稲毛、茂原、蘇我、船橋)に参加、大きなケガやトラブルも無く完走することができました。

 

稲毛駅伝部の仲間は私にとってのカンフル剤。みなさん考え方が前向きで、仕事はその道を極めたプロばかり。仕事で直接関わりはありませんが、利害関係を抜きにして困ったときに手を差し伸べあえる宝物のようなみなさんです。

 

 稲毛駅伝部のおかげで私は「稲毛(稲毛区)や稲毛海岸(美浜区)」在住と思われている方が多いのですが「都賀(若葉区)」ですが、これからもよろしくお願いします。

 

 

4.貝塚クラブ

練習のサポートに時々参加しているママさんバレーボールチーム。2014年に絶対エースが抜け1からチームを再編するものの成績は低迷しましたが、2016年後半から徐々に結果が出始め、今年は千葉市内でAランクのチームに復活しました。

 

大砲のようなエースがいるわけでもなく、メンバーはほとんど同じなのになぜ結果が出るようになったのか。それは、圧倒的な強さで勝つのではなく、相手プレーに対応できるしなやかさ。力相撲で押し倒すのではなく、相手の動きを見て・利用して投げ技で勝つような柔軟さが発揮できるようになったと思います。

 

悩みや問題も沢山ありますが、貝塚クラブでのチーム作りは、組織作りにも役立つことが多いので、これからも勉強させていただければと思います。

 

 

5.会いたかった人たち

『会いたい人に会いに行く』

こんなに簡単なことでも、去年までは時間やお金を理由に諦めていた自分がいましたが、心のブレーキが外れた1年になりました。時間を作り・旅費を使って会いたい人に会いに行くとアンテナの感度が上がります。

 

世の中にはさまざまな強みと魅力を持つ人がたくさんいます。会社で働いているとつい社内の人間関係にとどまりがちになりますが、一歩外に出てみると自分の強みや弱点がよーくわかり、これから何をするかが明確になります。これからも会いたい人と会えるように、もっと仕事をよりよいものにしていこうと思います。

 

6.チバラボLT交流会

地域活動として、LT(ライトニングトーク)交流会にスタッフとして関わらせて頂きました。コンセプトを決めから役割分担、採算も考慮した告知や集客、当日の運営から後始末まで、普段何気なく参加していたイベントを見る目がガラリと変わりました。

 

そして『準備』の大切さを改めて実感。

  • 本番をイメージして
  • 具体的に準備をし
  • 終わったら反省点をまとめ
  • 記録に残す

すると次回の準備に余裕がうまれ、イベントをよりよくするための新しい取組みに時間を充てることができる。一見当たり前のようでも、仕事をよりよくするキホンに立ち返ることができました。スタッフの皆さんありがとうございました。

 

7.採用・人材育成

学生や若年者の採用は超・売り手市場。特に中小企業の採用は、どの業界も非常に厳しい状況です。

 

採用担当に着任した3年前の従業員数は33名、現在は47名、来春の内定者含めると50名が見えてきました。毎年さまざまな採用施策をトライ&エラーで行っていますが、効果が継続しているのはブログです。http://r14.co.jp/

 

有料広告や求人票では掲載量には限界があり、掲載枠を広げれば比例してコストが掛かります。一方、求職者も広告では見えてこない会社の内面を踏まえて応募・選考に入りたいニーズがあります。ブログはこれらを解消する有効なツールになりますし、一度記事にすれば継続して検索されます。

 

現状で採用の成功法則はありませんので、ブログだけですべて上手くいくわけではありませんが、小さな積み重ねが無駄にならないブログはこれからも続けていこうと思います。

 

 

8.メンタルトレーニング

blog.kawa4ma.asia

高校での授業や講演活動をきっかけに、部活や地域のスポーツチームとの関わりがうまれました。

  • 選手のメンタルを整えて目標達成を加速させたい
  • 人間関係のポイントを学んでチームを発展させたい
  • 親子間での円満なコミュニケーションのコツを知りたい

こうした子供の将来を真剣に考える方々と出会うことができたのも、ブログわSNSで興味を持って下さった方や、ご縁の連鎖などのおかげです。

 

 

9.かさこ塾

会社ブログや個人ブログが仕事に繋がっているのは、かさこ塾で学んだ情報発信のコツやセルフブランディングの考え方があります。

 

ノウハウを鵜呑みにするのではなく、アレンジしながら使っていますが、塾生の方が発信するブログやSNSにはお手本が沢山あるので参考になります。

 

私が思うかさこ塾の価値は「ゆるやかなコミュニティ」。ネットやSNSだけの繋がりと、リアルな人間関係の中間のような感じです。たまに塾生の交流会もありますが、宗教じみたものやバックエンドは一切無いので、安心して参加できて仕事へのモチベーションが上がります。

 

 

10.千葉中央勉強会イブスタ

ブログを書き続けたおかげでイブスタに講師として参加させて頂きました。

 

最初から質を求めて上手くやろうとすると続かないのはブログだけの話ではありませんが「更新を継続するモチベーションや心構え」をお伝えする機会を頂きました。このテーマを引き出してくださったイブスタ主催者の長谷川さん・小林さんにはとても感謝しています。ありがとうございました。

 

おわりに 

ブログを毎日更新してもうすぐ3年になりますが、続けてきて良かったなと本当に思います。忘れっぽい私がこうして1年を具体的に振り返れるのもブログがあるからこそ。

 

ここには書けなかった方々との出逢いや交流もたくさんありましたが、当時の想いと得られた経験を糧にして、来年も自分らしく走り抜けたいと思います。

 

何でもそうですが、物事は最初から上手くいきませんが、

  • 続けいてると慣れてくる
  • 慣れてくると余裕が生まれる
  • 余裕ができると工夫ができる
  • 工夫をすると反応が出てくる

 

書き続けた量が質に変わるから、少しずつ上達していく。こうした積み重ねが少しずつブログを続けるモチベーションに繋がっています。

 

身につけるまで時間が掛かるものは、一度身についけてしまえば忘れることはできません。逆にメッキはすぐ貼れますが剥がれるのも早いもの。

 

いつの日か子供たちがこのブログを見たとき、自分の父親がどんな想いで仕事をしてきたのか。生き方を考えるきっかけになればこんなに嬉しいことはありません。

 

これからも書き続けていきたいと思います。来年もよりよい年にするために。