情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

『働き方改革』がもたらすのは露骨なまでの自己責任

労働時間より生産性(結果)が求められる時代になりました。

 

残業時間が多ければ評価・昇格・昇進された時代は幕を閉じ、限られた時間でいかに高い成果・効果をもたらすかが求められる時代です。

 

会社をプロ野球に例えると、給料の根拠になる定時(例:8時間)は野球の公式試合のようなものです。働き方改革という名で居残り練習ができなくなり、試合以外の時間は施設や設備が使えない。

 

こうした状況でも試合で活躍する人は、場外で何をしているでしょうか。

 

もし試合以外で遊んでいたら、試合で成果がだせずアッという間に二軍落ちになるでしょうし、会社員でも所定時間以外で遊びほうけていたら仕事で成果がだせずアッという間に、、、となるのは目に見えています。

 

働き方改革がもたらすのは、会社以外の時間で学ぶ人と遊ぶ人の差が露骨に開いていく

 

自分の人生は、自分で責任を取ってね。というメッセージの裏返しなんです。

 

復習・振り返り・学び・自己投資・反復練習など、自分の力は自分で高めていくこと。それが最終的に自分の身を守ることとなり、逆に会社や上司に人生の面倒を見てもらおうと考えていればメチャメチャ危険です。

 

もちろん会社の制度や支援があれば活用した方がいいと思います。しかし、会社や上司の指示をだたこなしているだけで「自分の人生や老後を保証するのは会社の責任」と考えていたなら、貧弱で打たれ弱い選手になってしまうのは明白です。

 

会社も社会のいう海に浮かぶ船にようなものですから絶対はありません。天気次第で急に傾くときもあれば、いきなり底が抜けて海に放り出される事もあるかもしれない。

 

だからこそ自分の価値を磨き続けていくことが、最後は自分の身を守ることになると思うのです。