情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

映画『ラストレシピ』を観てブログの初心を思い出した

伝えたい気持ちを文字・言葉に込めること。

だから相手の心が震え・伝わる。

 

映画『ラストレシピ』をレイトショーで観てきました。

www.last-recipe.jp

 

この映画は(※以降ネタバレはありません)絶対味覚=麒麟の舌を持つ料理人・大村直太郎の料理に対する思いが、レシピ作りを通して人の心を動かしていく物語です。

 

初心を思い出せたのは

「伝える本質」はブログもプレゼンも同じということ。

 

講演や研修でいい話をペラペラ話しても

相手には伝わりませんし、届きません。

 

いかに相手の心を動かすかは

いかに自分が本気になるか

 

聞き手に何を伝えていくのか

どんな想いを腹に据えて届けていくのか。

ブログに何を書くのか

どんな想いを込めて書くのか。

その想いが持続のエネルギー。

 

ブログを解説する人は沢山いるが

ブログを継続している人はそういません。

まして毎日更新し続けるともなれば

それだけで希少価値になれるのです。

 

しかしわかっていても続ける人は少ない。

集客のテクニックや書き方指南などは

世の中溢れかえっているにも関わらず、です。

 

だから継続しているブログには

ブログに対するオーナーの想いが必ずあります。

 

伝えたいから書く。

伝えたいから発信する。

そんな想いが言葉や文字に宿ることで

伝わっていくものなんです。

 

f:id:es4794:20171106001548j:plain