情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

【快適】バランスボールを椅子代わりに使ってみたメリット&デメリット

自宅の椅子をバランスボールにして2週間。

 

椅子として使ったのは初めてですが、今のところメリットのほうが多いと感じています。

 

今回購入したのは1500円のエントリーモデルで、バランスボールの大きさは主流が55cm・65cm・75cmの3種類あるようです。

 

私は身長175cm。サイズ表を見ると65cmでは少し小さく・75cmでは少し大きい。結局、大きい分は空気量で調整できると考えて75cmにしました。

 

机の高さは床から天板まで70cm。バランスボールは実測で約67cm、座ると10cmくらいへこみますので、座った感じは若干高いくらいです。

注意※数字は一例。机の高さだけでなく身長・体重・座高など、個人差がありますのでご注意ください。

 

使ってみると、ボヨンボヨンしながらデスクワークをするなら、少し高いくらいのほうが上半身に余裕がある方がいいかもしれません。

f:id:es4794:20171026223519j:plain

 

実際に使ってみたメリット・デメリットですが、デスクワーク自体の効率化よりも日常生活に変化を感じたことが多かったです。

 

メリット 

  1. 疲れにくくなった
  2. 歩行の姿勢が安定した
  3. 歩幅が広がり移動が早くなった
  4. 階段が楽に登れた
  5. 腰が軽くなった

 

汗だくになるようなエクササイズはしていません。椅子代わりにボヨンボヨン座りながらデスクワーク50分くらい10分休憩。休憩ではバランスボールでストレッチをして再開、といった使い方です。

 

座位が安定した椅子と違い、不安定なボールに座っていると普段使わない筋肉を使っている感覚があります。体感が安定することで姿勢や血流が良くなり、疲れにくく感じるのかもしれません。

  

デメリット

  1. 場所をとる
  2. ビニール臭がこもる(特に最初は)
  3. メンテナンス=空気入れが面倒
  4. 長時間使うと疲れる

 

丸くて大きいのでやはり収納場所は限られます。収納が気になる方は「ながらクッション」や「ゆらゆら座椅子」の方がいいかもしれません。

  

また、椅子のように背もたれがないので、1時間以上座っていると徐々に猫背になって逆に疲れます(定期的な休憩がベター)。臭いやメンテナンス性は価格で解決できるのかな。

 

トータルでみるとメリットのほうが多いので、もう少し使ってみて記事をリライトしようと思います。

f:id:es4794:20171026131336j:plain