情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

やりたいことを先延ばしするから人生がつまらなくなる

久しぶりにお会いした知人の女性。

 

塵(ちり)も積もれば山となるのは「やりたいこと・したいこと」でも同じだなーと、彼女の近況を聞いていて思ったこと。

 

先延ばしにして溜め込むと、手つかずがどんどん増え、まるで洗濯物のように次々と折り重なっていきます。時間が経とうものならその「やりたかったこと・したかったこと」が何だったのかすら忘れてしまう。

 

もし「やれていない・できていない自分」が積み重なってストレスが溜まれば、自己嫌悪にも繋がる。自分のことが嫌いな人生はつまらないのは、昔の自分がそうだったから。

 

逆に、たとえ些細なことでも「やりたい・したい」と思ったことにドンドン手をつければ「やれている・できている」自己肯定が増えていく。自分のことが好きになれば人生もおもしろい。

 

別に大きなことでなくていい。大きいことはなかなか踏み出しづらいものですが、小さいこと・ちょっとしたことは手をつけやすい。だから

  • 会いたい人に会いに行く
  • 読みたかった本を読む
  • 走りたいと思っていたから走り出す
  • 早く始めたほうがいい仕事に手をつける 

どんどん手をつければいいし、やってみて合わなかったりダメだったら次でいい。少しずつ始めれば、自分や周辺が少しずつ変化していくんだなと、とても楽しそうに話す彼女を見て感じました。

 

「でも時間が、、、」

 

そんなときには

  • 効率化
  • パッケージ化
  • 仕組み化
  • 取捨選択
  • 廃止
  • アウトソース
  • 部下の育成、、、などなど

 

自分がやりたい事をやれていれば、自分らしさを感じられる。

 

そのために、やるべきことをどんどん済ませて自分らしさを育てることは、人生をおもしろくするものだと思うのです。

 

@過去記事

blog.kawa4ma.asia