情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

手書き文字は人を惹きつけ、紙は情熱を伝えてくれる

帰宅したら自宅に「そうさちいきしんぶん」が置いてありました。実家の父親が留守番のついでに千葉へ持ってきたようです。

 

f:id:es4794:20170930201901j:plain

 

新聞の発行は、チバラボLT交流会で繋がった「さくら書道教室の藤井結花さん」が関わられていることはフェイスブックで知っていましたが、実物の新聞は見たことがありませんでした。

 

手書きの文字を見ると手に取って読みたくなる。もし同じ記事がパソコンで書かれたものだったら、手に取ることなくスルーしていたと思います。

 

「何が書いてあるんだろう」

手書きにはこの一線を超える何かがあるんだなと、思いました。

 

そして、紙だからウチに届いた。

 

パソコン・ネットには一切触れない父親は、私に新聞を見せようと持ってきたわけではなく「近くにあったから一緒に持ってきた」と、言っていました。そんな偶然でも結果的に匝瑳市の知られざる魅力と、地域に貢献したい発行者の情熱が伝わった。

 

文字で惹きつけ、紙から情熱が届く。

だから伝わるんですね。

 

私も毎日ブログを書いていますが、大切なことは「発信は手段で、伝えたい人に伝わるかが目的」です。ただ書いただけ・ただネットで発信しただけで終わっていないか、改めて考えるきっかけもいただきました。

 

藤井さん、これからも同郷として応援しています。