情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

高校生の進路選択に親としてどう関わるか~我孫子二階堂高校・保護者講演会

昔、進路選択には方程式がありました。

 

いい大学に入れば

いい企業に就職ができる

終身雇用・年功序列で定年まで働けて

年金も保障されて生涯安泰。

だから高校でしっかり勉強しなさい、と。

 

人口増加に比例して経済成長していた時代は

それでもよかったんです。

 

しかし、今は正解がない時代。

社会を海に例えれば、天候は日々コロコロ変わり

荒波もザッパザッパやってきます。

カラッと晴れたかと思えば数日後に台風がやってくる。

そんな時代を私たちは生きています。

 

大きい船に乗れば安泰でしょうか。

母体が大きいので波の影響は少ないかもしれませんが

業績が悪化すれば事業部ごと切り離されます。

では小さい船はどうでしょうか。

大きい船と比べて揺れの影響が大きいので

指示待ちで動かなければアッという間に船酔いします。

 

進路に正解・方程式がないからこそ

よく話し合い・より納得のいく最適解を見つけるような

本音のコミュニケーションが子供の進路選択を

よりよいものにしていきます。

 

本音で話し合うには信頼関係が必要です。

そのため親はまず「正論を手放し、子供の話を聴く」ことをお勧めします。

でも仕事でなかなか時間が、、、

だからこそ、限られた時間を全身で聴いてあげてください

 

子供は初めての進路選択に少なからず不安を感じています。

言葉だけでなく・見た目・雰囲気・エネルギーなど

親御さんが耳だけでなく全身を使って聴くことで

子供は少しずつ心を開いていきます。

 

そしてお互い心が開いた所がスタート。

子供の目標や方向性を少しずつ探るように

一緒に話あってみてくださいね。

 

もし専門的なアドバイスが必要であれば、ホームページからお問い合わせください。http://www.kawa4ma.asia/

 

f:id:es4794:20170930170555j:plain