情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

就職活動・採用選考が上手くいきやすいコミュニケーションのあり方

ギブアンドテイク(give and take)です。

 

面接や応募前の問い合わせで

  • 「残業は完全清算でしょうか?」
  • 「私は住宅手当の支給条件に該当しますか?」
  • 「有給は好きなときに取得できますか?」

こうした質問をよく頂きます。

 

選考する側からすれば、あなたの経験やスキルが会社にどの程度貢献して頂けるかわからないのに、最初から権利ばかり主張されると売りが強すぎて引きます。 

 

例えば、婚活男子が理想の結婚相手に

  • 「外見は山本美月似で年収もそこそこあって」
  • 「旦那の仕事は全面的に理解・応援してくれて」
  • 「長女で義理親の面倒はできれば勘弁」

とか言われたら

「で、アナタは私に何ができるのよ?」 

と、心の中でカチンとくると思います。

 

相手に権利を主張するなら、自分が果たせる義務やメリットがなければ、ただのわがまま。

 

仕事がうまくいきやすい人、業績をあげ続けている企業の共通点は「ギブ(与える)&テイク(取る)」で、逆にテイクだけでは人も・企業も・お客様も離れていきます。

 

もちろん就職でお互いミスマッチが減るよう、コミュニケーションを取りながら合意形成を図るのが転職活動ですから、質問がダメということではありません。

 

相手にどんなメリットがあるかを抜きに、自分が得られるメリットばかり主張していると、応募前するから「見送り・お断り」されてしまうケースがありますので、チェックしてみていただければと思います。

 

書類選考が通らず企業からお祈りばかりされて原因がわからない方へ。

学生や非正規雇用で働いている方からの転職相談も随時対応しています。詳細はホームページでどうぞ。http://www.kawa4ma.asia/activity2.html