情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

子供がなかなか動かない時は、正論より体験談がおススメ

小4の子供達は「刑事ドラマ」に夢中。

番組表をこまめにチェックし、録画予約して前のめりで見ています。

 

一度見始めるとテレビの前からなかなか動かず、食事後に歯磨きせず観ている時もあるようで。子供の身体を心配するあまり親として

  • 「早く歯を磨きなさい!」
  • 「言うこと聞かないと、テレビ捨てるぞ!」
  • 「虫歯になっても知らないから!」

と、つい言いたくなりませんか?

 

しかし、子供は「聞いてるフリ」という最強スキルを持っていますから、右から入って左から出ていきます。正論という名の雷を何度も落としてもスルーされてしまうので、また同じことを繰り返す悪循環に。

 

そんな時は体験談がおススメ。

 

先日、親知らずを抜歯したので体験と感想を伝えてみます。

ちょっとこれ見て見て!

 

(抜歯した親知らずの歯を見せながら)

 

パパさー、この前歯医者に行ったんだよね。若い頃に歯磨きサボったから親知らずが虫歯になっちゃって。

 

ほら、ここ2個所穴が空いてるでしょ。これ、ドリルでガガガガーーーーーって穴を開けられて、空いた穴にペンチみたいなのを突っ込まれたんだよ。

 

で、歯医者さんが力一杯、グリグリ引き抜くんだよねー

これがまた抜けない!!

 

麻酔をしてるんだけど気絶するかと思うくらい痛くてさー、血がドロドロでるわ、涙はボロボロ止まらないわで、もー散々だったよ。

 

あんな思いはもう絶対したくないなー

 

、、、、、

スクッ

バタバタバタバタ、、、(洗面所へ)

 

シャカシャカシャカ、、、、

 

(表現は大分盛りましたが)体験談やストーリーは、正論や命令と比べて子供の頭の中にイメージとなって残るようです。

 

右から左に聞き流されず、子供が自分で考えて動くようになれば、親も消耗せずに済むのもいいですね。

 

子供が動かない時は正論よりも体験談、おススメです。