情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

作った直後の資料は一晩寝かせた方がいい

頭にあるアイデアを書きだしたり

電子データなどの資料にしたときは

一晩寝かせて(時間をおいて)再度見ると

内容が洗練されるのでおススメです。

 

  • 提案・企画などのスライド
  • 会議やレビューなどの資料
  • 研修やセミナーの骨子など

 

資料を作った直後は

熱い分だけ粗さが残っていることが多く

これを一晩寝かせることで

直後では気づかない不備や論理矛盾など、

時間をおいて改めて見るとボロボロ出てきます。

 

私も日々仕事で資料や教案を作りますが

余裕なく当日作って当日出番の場合、ほぼ失敗。

説明と資料が食い違っていたり

ツカミとオチが繋がっていなかったりと

穴があったら入りたくなるケースです(笑

 

先日もあるセミナーの骨子を考えていました。

提出期限は3日後。

1日目はフリーハンドでノートに書きだし

2日目は整理しながら電子データにまとめ

ここで提出するのを抑えて一晩寝かせ

3日目に再チェック。

 

するとセミナーの趣旨からズレた内容や

解りづらい表現などが見つかります。

正解がないので修正すればキリがありませんが

内容が本題から外れていたり一貫性がないのは論外。

何より聞き手が混乱します。

 

他人の目に触れるアイデアや資料作りは

早めに取り掛かるなどして一晩寝かせるのがおススメ。

もし時間がなければ誰かに見てもらうのも◎です。