情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

デジタルが主流の時代には、アナログが心に響く

市原市の少年野球チーム・長生美佐子台ボーイズの皆さんと、メンタルトレーニング研修の3回目を行いました。

 

朝会場入りして機材のセッティングを始めた矢先、参加する保護者のお一人が駆け寄ってこられて、、、

f:id:es4794:20170917005915j:plain

 

もー、見事に響きました。

 

「よろしくお願いします」という何気ないひとことが耳から聞こえただけでなく、心にまで染みわたる。普段デジタルを見慣れてしまっているからこそ、アナログが突き刺さる。

 

まさに感動です。

 

保護者みなさんの気持ちをしっかりと受け入れて「2時間全力で登壇しよう」と、気持ちを引き締め直して臨むことができました。どうもありがとうございます。 

 

---

 

今は、パソコンやスマホがあればいつでも・どこでも・簡単にコミュニケーションが取れるようになりました。

 

およそ20年前。

スマホはおろか携帯電話もない私の学生時代。公衆電話から友達の家にドキドキしながら電話を掛けていました。

  • 今連絡しても大丈夫だろうか
  • 親御さんが出たらどのように切り出そうか
  • これだけは絶対に伝えておきたい

今となれば超絶不便に感じるような環境でも、当時は不便に感じることなく準備をしてコミュニケーション」を取っていた気がします。伝える手段が限られていた分、相手に届ける意識は今より高かったのかもしれません。

 

やがて技術が進歩し、コミュニケーションの環境は激変しました。

 

メールやチャットなど簡単・手軽に伝えられるデジタルが主流になったことで、手書き・紙といった人間の熱量・情熱が感じられるアナログな手段は、相手に深く刻まれます。

 

どちらの手段が正しいという話ではありません。

 

デジタル・アナログそれぞれの長所・短所を使い分けることで、相手が「聞いた」だけでなく「心まで届く」コミュニケーションになりやすい。

 

その積み重ねが、人間関係をより良いものにしていくと思うのです。