情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

プレゼンで話すとき絶対に守り続けていること

終了時間。

 

私は終了時間内に終わらないセミナーやプレゼンは二流だと考えています。

 

聞き手にも時間の都合があるから。

 

終了後に大切な予定を入れている人がいるかもしれないし、その時間に終わるから来た人だっているかもしれない。

 

だから時間オーバーしても聞いてくれていると思ったら大間違い。ほとんどが我慢して聞いていると思った方がいいです。

 

私も色々セミナーや研修に行きましたが、満足度の高いセミナーは時間通り。時間通りに終わるということは講師のレベルも高いので、質も高いのです。

 

だから私も話す側のときは、終了時間内に終了するようにしています。

 

本番の準備として事前に練習するのは、内容のチェックもありますが、終了時間内に収まるかどうかを確かめる意味がほとんど。

 

でもいざ本番で、予想外の質問やアドリブなどが入り時間通りに収まらない可能性が出てくるときがあります。

 

そんな時のために「いざという時に省けるスライドを最後に1枚」用意しておきます。内容は広告や宣伝などが使いやすいです。時間内に収まりそうならそのまま使えばいいし、終わらなければ最後のスライドは見せなければいいのです。

 

終了時間の見えない話

終了時間の見えない会議や勉強

終了時間の見えないプレゼン

どれも辛いもの。

 

開始時間を守るのと同じくらい終了時間を守ることも、大切だと思うのです。

f:id:es4794:20170528151413j:plain