情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

目標を目指すことが不安になったら、足元を見て一歩ずついけばいい

その目標が高いほど

てっぺんは遠く添え立つもの。

 

自分がどこを目指しているのか

目標を意識することは大切なのですが

ふとしたきっかけで

その目標や山頂を目指ているはずの行動に

不安や疑問を感じてしまうことがある。

 

例えば

  • 他の人が自分と違う目標を目指していたり
  • なかなか目標に近づいていなかったり
  • 誰からその目標を否定されてしまったり

 

無理もありません。

私たちは感情を持つ人間だから。

 

追い風をくれる人もいれば

向かい風を送ってくる人もいるだろうし

あなたに憧れて応援してくれる人もいれば

あなたに嫉妬して足を引っ張ろうとする人もいる。

 

最短一直前で山頂に上り詰めることはまずないし

不安になって足踏みするのも当然なんです。

 

大丈夫。

そんなときは下を見て、足元を見て

一歩ずつ進めばいい。

 

今日に、この一時間に、今この時に

ベストパフォーマンスを投入する。

明日はこないかもしれないと思うくらい

目の前のことに打ち込んでみる。

 

すると不安な気持ちが横にずれる。

不安を消し去ることはできないし

行動のモチベーションにもなり

動くきっかけになる。

 

でも、ずっと下を見て進んでいると

ルートを外して進んでしまうことがあるから

時々また山頂を確認すればいい。

 

不安は悪ではないよ。

うまく付き合うような感覚で。

 

ひとつずつ練習に取り組もう。

そして一歩ずつ登って行こう。

 

今の積み重ねが未来をつくる。

私はそう信じています。