情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

方向性が違うのならそれぞれの道を行けばいい

あなたと戦うつもりはないんです。

 

それぞれの現場で、より満足する成果を目指して掴めばそれでいいじゃないですか。

 

生まれ育った時代も・環境も・価値観も人それぞれ違うのだから、人と人を比べてどちらの方が優れているとか劣っているなんて、意味がない。

 

例えば、Aさんは国語が50点、Bさんは数学が55点だとして、Bの方が優秀なのかと言えば必ずしもそうではない。モノサシが違うんだから点数だけ比べても無意味でしょ。簡単に取れる50点もあれば、超絶難しい50点もあるわけで。

 

 

不毛な能力比較に巻き込まれた揚句、立場と実績を前否定されて疲れたよ。さらに追い打ちのように私の志を否定され、疲れ果てた。

 

伝えてもわからない人、わかろうとしない人に、わかってもらおうなんて思っていない。人はみんな違うから。

 

でもさー、それほどまでに人を否定したり裁かれるとね

 

「で、あなたは何なんですか?」

「で、あなたは何ができるんですか?」

「で、あなたは何がしたいんですか?」

 

となるんですよ。心の中では。

 

経済が右肩上がりで年功序列に乗った武勇伝は沢山おありでしょう。でも、時代は変わったんです。

 

仕方ない。

当たり前が違うのだから。

大切にしているものが正反対だから。

 

どんなにこちらが歩み寄ろうとしても、歩み寄れない人はいる。私とはおそらく一生平行線だろう。

 

私ではない誰かとは分かり合えるのかもしれないし、そもそも人間関係に何も求めていないのかもしれない。

 

だからそれぞれの道を行けばいいじゃないですか。

 

こちらの道に石を投げて邪魔をするようなことは、迷惑だからやめてくれ。