情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

夢は描いた内側で実現する

ある女子高生の

面接指導に関わらせて頂いている。

 

関門の突破倍率は30倍。 

志願者はみな

幼少のころから憧れていたり

人生を掛けて挑んでくる精鋭ばかり。

超絶狭き門である。

 

それまでフツーの高校生活を送っていた彼女は、

テレビで偶然その世界を知り

まるで稲妻が落ちたような衝撃を受けて

その門へ挑むことを決意したという。

 

しかし

その狭き門をくぐり抜けるための

最大の障壁が「面接」だったため 

親御さん経由で機会を与えていただきました。

 

 

彼女に一番伝えたいことは

『夢は描いた内側で実現する』ということ。

 

例えば

「県大会出場」を目標にしたチームは

県大会には出れるかもしれませんが

いきなり全国大会に出場することはありません。

 

「30坪の一戸建てが欲しい」と思う人は

30坪の家を手にすることはできても

500坪の家を手にすることはない。

 

以前お会いしたある中学生は

「将来、宇宙飛行士になりたい」と言っていた。

彼は宇宙飛行士の夢を叶えるだろうし

もし叶わなくても、航空機のパイロットだったり

宇宙産業や航空業界の仕事に就くと思う。 

 

私も7年前、ポンコツの自分を手放したくて

仕事でたくさんの人に役立つような

カッコいい社会人になる!

そう夢を描いてから少しずつ変わり始めた。

もし描かなければずっとそのままだったし

人生つまらないままだったと思う。 

 

描けば全て叶うわけではないが

そもそも描けなければ叶うことはないし

描いた内側で叶っていく。

そう確信しています。

 

しかし目指す夢を見上げてみると、

巷でよくある就職面接のロジックやスキルでは

関門の突破は難しい。

 

彼女の深い深い心根(こころね)にある志を引き出し、

長所や短所とリンクさせながら

溢れるばかりのエネルギーと情熱で表現する。

その結果、面接官の心を揺さぶり

心を響かせることができれば、光は見えてくる。

  

私の持っている全てを伝え

彼女を私以上に成長させるくらいのつもりで

関わらせて頂きたい、そう思っています。

 

これから厳しい峠がたくさんある。

しがみつき、よじ登っていく場面もあるけれど

一歩ずつ進んでいきましょう。

 

高い山の頂には

きっと絶景が待っているから。