情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

ブログに刻んだ言葉はこの世を生きた証~小林麻央さん死去に想う

フリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなった。

 

乳がんで闘病生活されていることは知っていたが

ブログをほぼ毎日更新されていたことは知らなかった。

 

どんな想いで更新ボタンを押していたんだろう。

どんな気持ちで写真を撮っていたんだろう。

そんなことを考えてしまった。

 

過去のブログを拝見すると

日々の出来事だったり

溢れるばかりの想いだったり

誰かへの感謝の気持ちだったり

ブログに刻み込まれた文字や写真から

ありありと伝わってくる。

 

今日は、今は生きているけれど、

明日は、この後のことはわからない。

そうした想いがあったのかもしれない。

 

ブログは凄い。

例えこの世を去られた人だとしても

その場で生きていたことが

その場で咲いていたことが

沢山の人に伝わっていく。

 

そしてブログを読んだ人たちが

ブログに刻まれた彼女の言葉を

まるで両手でそっとすくい上げるように

これからの人生に活かしていく人も

沢山いるのではないかと思った。

 

私が拝見した記事の中で

印象的でこれからも大切にしていきたいと思った

文章を引用させていただきます。 

私も居るべき場所に戻れるように

今は置かれている場所で

精一杯居ようと思いました。

 

今、与えられている時間は

本当に特別なものだと感じています。

https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12233954207.html 

 

一度刻んだブログは

残り続け、読まれ続け、伝わり続ける。

 

小林さんのブログを拝見して

ブログの凄さを、ブログの可能性を改めて実感し

これからも書き続けていく覚悟ができました。

 

 

心よりご冥福をお祈りします。