情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

仕事が雑な人が信頼されない理由

仕事をどう扱うかは

依頼者や発注者をどう扱うかと同じことだ。

 

つまり仕事が雑な人は

依頼者を雑に扱っているのと同じこと。

だから信頼されない。

 

  • もしあなたの名刺が見えないところで雑に扱われていたら、その人を信頼しようとは思いますか?
  • もしあなたが依頼した仕事が適当に扱われていたら、またその人に仕事を頼もうと思いますか?

 

その仕事を受注者がどのように扱い

どのようなアウトプットが出てくるか

発注者は冷静に見ているものなんです。

 

どんなに調子いいこと言っても

どんなに感動的なプレゼンをしても

どんなに仕事を取ってこれたとしても

 

仕事を雑に扱われれば

自分を雑に扱われたと同じ印象を持ち

仕事が大切に扱われれば

自分を大切に扱われたと同じ印象を持つ。

 

  • 事前相談から受注までは調子いいこと言ってても、発注してみたら話がぜんぜん違うとか
  • 営業部門と開発部門が社内で折り合わず、納期や品質で顧客とトラブルに発展した

なーんてことは、どの業界でも聞く話。

 

結局そういう人は

仕事が始まるまでは「人気者」になれるかもしれないが

仕事が始まってからは「人望」が失われ人が離れていく。

 

また『顧客にはきっちり仕事をするから問題ない』と

カッコつけてつまらないプライドを手放せず

社内の仕事を雑に扱う人もたまに見かける。

 

バカじゃないですか?

社内でやらない・できないのに

社外の前でできるはずないでしょ。

 

平常時やノープレッシャーならできるかもしれないが

予想外の状況や緊急トラブルなど切迫した状況では

普段の自分が顔を出す。

 

普段から相手を大切に想い仕事をしている人は

緊急時でも相手優先で考え・行動できるし

普段から自分を優先して雑に仕事をしている人は

緊急時でも自分のメリットを考えて行動してしまう。

 

だからどんな仕事でも相手を大切に想い

コツコツ丁寧に積み上げていくことが

最後は大きな成果に繋がると思うのです。