情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

会社員がつまらないのでなく、受け身だからつまらない

サラリーマン(会社員)はつまらない。

フリーランス(事業主)はおもしろそう。

 

昔はそう考えていた。

  • 仕事はつまらないもの
  • 上司の指示・命令をこなせば固定給がもらえる
  • サラリーマンは不自由(妄想)
  • フリーランスは自由(妄想)

なーんて、ウジウジ考えていました。

 

でも自分を磨くことをしないから

仕事で大した結果も出せず

社外で通用するようなスキルも身に着かず

会社にぶら下がっていた。

 

そんなある時、千葉市の起業家創出コミュニティ

「1000リーフパートナーシップ」に参加して

人生が変わりだした。

 

そこには事業主も会社員も関係なく

主体的に事業と関わる大人ばかりが参加していて

みんなメチャメチャカッコよく見えた。

 

で、思ったんです。

サラリーマンもフリーランスも

仕事の手段にすぎないんだって。

 

仕事が面白いかどうかは

身分や雇用形態なんて関係なくて

仕事への関わり方が「受動的か・能動的か」なんだって

皆さんの背中が物語っていた。

 

会社員でも、仕事に主体的に関われることができるようになれば、仕事はおもしろくなるかもしれない。

 

そう考えてから

誰かに役立てる何かを求めて行動し始めた。

 

すると少しずつ結果が出始め

社内ベンチャー事業に関わるチャンスが転がり

「やりたい仕事、やるべき仕事、やれる仕事」が重なった。

責任も伴うが、裁量も同時にやってきた。

 

仕事を成功させるために

何をすべきかを考えて動くようになって

仕事が面白くなっていった。

 

もちろん楽しい・面白いばかりではない。

失敗や悩みもたくさんあるけれど

仕事に主体的に関わることができて

責任と裁量があれば、乗り越えようとする力が湧いてくる。

 

だから今では仕事がとても面白い。

 

でも最初からこうした環境はなかなか手に入らない。

会社を辞めることなくどうやって実現したのか。

 

6月28日に千葉コワーキングスペース201で開催される『IT×事業スタートカンファレンス』にスピーカーで登壇させて頂くことになり、このあたりの話がお届けできると思います。

 

主体的に事業に取り組む方や、社内でベンチャー事業を始められる・始められた方などには特におススメのビジネスカンファレンス。

 

参加無料ですので、お時間のある方はぜひ遊びにきていただければと。

everevo.com