情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

壁が高くて登れなければ階段を作ろう

以前、小学生にバレーボールを教えたことがあった。

 

参加者の9割は女子でバレーボール未経験。 

  • 親から進められて
  • 友達が参加しているから何となく
  • 他のスポーツもちょっと試しに

といった具合で、子供たちの参加動機は正直それほど高くなく、教室の趣旨も「試合結果やスキルアップ」ではなく「運動を楽しむ」という点に軸足を置いていた。

 

どうすれば今回楽しめるか。

どうすれば次回参加したくなるか。

 

やり方をわかりやすく伝えたり・手本を見せれば、そのうちできるようになるだろう。と思っていたが子供たちの反応は全く違った。

 

言われた通りやってみるができない。

できないとつまらない。

つまらないと欲がなくなる。

欲がないとやる気も無くなる。

やる気がなければ来なくなる。

 

未経験の子供にとって、言葉ではわかっても実際にできるかどうかは全く別問題なのだ。できないことが悪循環のはじまりだった。

 

運動能力がある子供は別として、未経験の子供がいきなりできるようにはならない。そこで高い壁に登れないのなら、手前に階段を作ったら登りやすくなると考えた。つまり循環の始まりを逆にする。

 

例え小さなことでも

できるようになるとおもしろくなる。

おもしろくなると欲が出る。

欲が出るとやる気が出てくる。

やる気が出れば次も来ようとする。

 

例えばスパイク動作も

  1. 上がったトスに助走を入れ
  2. タイミングを合わせてジャンプし
  3. 最高到達点でボールを捉え
  4. 相手コートに打ち込む

なんてことはまず不可能。

 

しかし写真のようにボールを支えておけば、3と4がきるようになる。一部でもできるようになれば、だんだんと欲が出ておもしろくなっていく。

 

きっかけは好きじゃなくても

徐々に得意になっていくことで

おもしろくなるきっかけが見つかっていく。

 

これはスポーツでも仕事でも同じことだと思うのです。

 

f:id:es4794:20170615000514j:plain