情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

アクセル全開もいいが、時にはブレーキも必要

車も人も

アクセル全開で走り続けたら

やがて故障したり疲弊する。

 

その目標へ辿りつくために

アクセルを踏み続けることも必要だが

時にはブレーキを使うことも必要だと思う。

 

自分からブレーキを踏むのもいいし

下り坂でアクセルを離して惰力で走るのも

ブレーキになる。

 

ちょっと休憩して一息ついたり

心や身体のメンテナンスをしたり

好きな場所でリフレッシュしたり

会いたい人に会いに行ったり。

いままで走ってきた道のりを振り返り

これからの道のりを確認するのもいいと思う。

 

一生懸命全力で走り続けていると

止まることへの葛藤が生まれてくる。

 

私がそうだった。

今の状況が不本意なのは全部自分のせい。

もっと頑張り続ければ早く成果が出て

状況は絶対良くなる。

だからもっと頑張り続ける。

 

もっとやれるでしょ。

まだまだ行けるでしょ。

アクセルが踏めない自分はダメなんだ。

 

そう思ってたら潰れた。

 

大丈夫。

休憩したっていいんです。

 

だらだらいつまでも休憩していたら

走りだすことが億劫(おっくう)になるが、

365日を全開で走り続けることはできない。

 

感情ある人間だもの。

調子がいい日もあれば、ダメダメな日もある。

メチャメチャ集中してアクセル全開の日もあれば

ちょっとブレーキを踏んで一休みする日もあっていい。

 

目的地にたどり着くことは手段だから。

その場所でどんな景色を見るのか

その場所で誰とどんなことをするのかが目的だとすれば

到着したけど疲れ果ててしまっていたら本末転倒。

 

だから休憩して、また走りだせばいい。

 

けして平坦な道ではないから

遠回りもするだろうし、失敗もすると思う。

 

ノーミス一直線で頑張り続けるのもいいけれど

紆余曲折・喜怒哀楽を味わいながら進むのも

楽しいものだと思うのです。