情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

襷を待つ人がいる、だからもう一歩踏み出せる

駅伝の襷(たすき)は

レースが進むほど重くなっていく。

 

それは汗と一緒に

ランナーの気持ちも襷に宿るから。

 

選手一人ひとりが

「苦しいけど次が待ってる。だからあと少し」

こうした気持ちが 

あと1キロ

あと100メートル

あと一歩の力をくれる。

 

一人では投げ出してしまうような

暑さや距離だとしても

襷を受け取り走り出すと

いつもよりハイペースを刻んでいる。

 

駅伝にはそんな魔物が棲んでいる。

無意識にリミッターが外れて

体と気持ちが一つになって走る。

 

 

一生懸命走っている背中に向かって

一生懸命応援する。

その応援を力に変えてまた走る。

 

だからドラマが生まれる。

 

そんな今回の茂原駅伝MVPはこの二人。 

f:id:es4794:20170605185610j:plain

 

一人が気力を振り絞ってアンカーを走り出し

もう一人がラスト直線が見えるところまで

迎えに行った。

 

暑くて、辛くて、投げ出したくなるような気持ちで

走ってきた矢先の出迎えに涙した。

 

3キロ(1周)でも精一杯だったのに

6キロ(2周)なんて走れるかわからない。

不安な気持ちで一杯だったのに

彼女は走りだしてくれた。

 

その気持ちをみんな感じとって

最後は一緒にゴールした。

 

普段仕事をしていると

全力を出し切るってなかなか無い。

どこかでセーブしたり間違いないよう

失敗しないようにリスク回避をする。

 

駅伝には「普段の常識」という名の

リミッターを外す力がある。

だから駅伝が好きだ。

 

仕事も年齢も男女も関係ない。

 

バカみたいに笑って、苦しんで、讃えあえる。

相手のことを本気で考えて真剣な話ができる。 

そんなかけがえのない仲間と繋がれた駅伝には

本当に感謝している。

 

そしてこれからも走り続ける。

一度きりの人生をもっと楽しいものにするために。