情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

それでもブログ書き続けるのは、人生を面白くしたいから

やっぱり私は誰かのために、考えたり行動するのが好きだ。

 

ブログがきっかけで

  • プレゼンが上手くできた
  • 部下との関係が良くなった
  • 就職や進路を決める参考になった
  • 元気や勇気がもらえた

こうした感想やシェアはメチャメチャ嬉しい。

 

 

でも毎日更新しているからといって

ブログのネタが湯水のように湧いてきて

ノリノリで書ける日は実はそう多くはない。

 

ネタに困るときもある。

気が向かない時もある。

出先で夜な夜な書くときもある。

パソコンの前で寝落ちして朝になってたこともある。

 

誰に頼まれたわけでもないから辞めることだってできる。頻度を毎日から毎週に変えたっていい。もし私がブログを辞めても誰も困らないだろう。

 

有料プランで広告を全部消しているからブログからの収入はゼロ。むしろ維持費がかかる。そんな1円にもならないブログをなぜ毎日更新するのか。

 

それはブログのおかげで、人生がおもしろくなったから。

 

どんな内容であっても他社目線で書いた記事は「誰かに必ず届いている」と、心底信じられるようになった。

 

「うがー!!アイツ腹立つわーーー!!」と腹が煮えたぎるようなことでも、以前はストレスだったが、反面教師の目線でブログにすれば誰かの役に立てることもある。

 

最初は疑っていた。

ライターやブロガーでもない会社員の記事を誰が読むんだろう、って。

 

でも書き続けていくうちに、小さなことでも誰かに役立っている手応えが返ってくるようになった。だから書けば書くほど誰かに役立つ種を撒くことになるんだって、思えるようになった。

 

撒けば必ず実るわけではないが

たくさん撒けば実る確率も高くなる。

 

もし金儲けや小銭稼ぎのために書いていたら誰かに役立つことより・自分が稼ぐことを狙ってしまったり、小手先のテクニックに消耗してしまい、ここまで続けられなかったと思う。

 

無料だからこそ誰からも何も制約されることなく

書きたいときに書きたいものが書ける。

だから書き続けてこれた。

 

1日30分で世界中に自分を表現できて、

しかも誰かに役立てるなんて最高じゃないか。

 

だからこれからも書き続け・種を撒き続けていく。

一度きりの人生をもっと面白くするために。