情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

「何でもできる」というから信頼されない

1人の力、1社の力でできることには限度がある。

 

スーパーマンじゃないんだから「何でも私にご連絡ください!」とか「何でも当社にご相談ください!」などと言われると逆に信頼できない。

 

あれもできる・これもできるって一見良さそうだが「私はこれが得意」というものがないと、何に困ったら頼れるのかわからなくなる。※余程の大企業であれば別

 

なぜなら経験上、こうした人(会社)に相談をしたことがない。

 

あの客も欲しい・この客も欲しいと色気を出すから「何でも私(当社)にご相談を!」となってしまう。

 

多くの人(会社)が同じセールストークを使うので埋もれてしまうから、本当に困ったときに思い出せず相談に繋がらない。そうならないためには

  • できることはできる
  • できないことはできない
  • やらないことはやらない 

 

こうしたことをはっきりと区別して発信した方が、競合あふれる今の時代は信頼されやすくなる。

 

そして自分(自社)のできること・得意なことを理解したうえでの相談だからこそ、仕事やリピートに繋がると思うのです。