読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

姿勢(見た目)で聞き手を惹きつける、おススメの秘訣

体のサイズに合った服を着る。

 

体にジャストフィットする服は

見た目がスッキリするだけでなく

採寸に無駄がないため姿勢がよくなります。

 

逆にサイズに余裕があり過ぎると

自由が利きすぎるため姿勢が崩れやすかったり

サイズに余裕がなさすぎると

体が硬直して不自然な姿勢になります。

(無論、服に関係なく姿勢のよい人はいます)

 

例えばスーツやワイシャツ。

既製品のサイズで体に合うものがあればいいですが

なければオーダーがおすすめです。

オーダーというと「高い」印象がありますが

流通やネットの進歩もありセミオーダーなら

既製品に少し上乗せするくらいで作れます。 

 

私は胴長&首が細めの体型なので

既製品のYシャツ・スーツでは

ピッタリ合うサイズがありませんでした。

首に合わせると袖が短くなり

袖で合わせると首周りが余るのです。

 

ポンコツ時代は

「別にスーツなんて着れればいーでしょ」と

気にしていませんでしたが

人前で話す仕事をするようになり

試しにワイシャツをオーダーしてみたところ

あまりの違いにビックリしました。

  

体のサイズ合った服は

動きやすく、疲れにくい。

愛着が湧き、気持ちが上向く。

気持ちが上向くと表情がよくなる。

 

まるでスパイラルのように

見た目・姿勢・表情がよくなるので

聞き手が注目しやすくなります。

 

プロを目指すランナーが

自分の足に合ったシューズを選ぶことと

プロを目指すビジネスマンが

自分の体型に合った服を選ぶことの

本質は同じことだと思うのです。

 

p.s

あ、もちろん内容あってのプレゼンなので

見た目だけで中身が空っぽでは意味がないのは

言うまでもなく。

f:id:es4794:20170511203017j:plain