情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学ぶ権利を主張するなら、学ぶための義務も果たそうよ

人から何かを教わるなら

最低限やれることはやりなさい。

 

最低限やれることとは

学んだことを何に活かすかという「目的」を意識して

学んだことを活かするための「反復・練習」だ。

 

相手にも時間と都合があるのだから

何もせず・何も考えず・何も悩まず

ただ教えて貰おうなんて相手に失礼だ。

 

学びは贅沢なもの。

将来のために時間とお金を使う「投資」だが

投資のつもりで学んでいる人は意外に少ない。

お金を払っているんだから、私のわかるように教えるのが当然でしょ。 

というスタンスでは得られるものも得られまい。

 

学びに対して復習・予習をしたり

無防備で丸投げな質問にならないように

事前に調べてから行動しよう。

 

さもなければ

せっかく投資した時間とお金が無駄になる。

 

学んだけどできないとか

学ぶ前と変わらないなんて

勿体ないと思わない?

 

だとしたら

学ぶ目的を腹落ちさせて

予習・復習など反復練習を続けること。

これに尽きる。