情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

名刺は自己成長のバロメーター

会社員であれば

名刺が変わる時はどういう時だろうか。

  • 昇進
  • 昇格
  • 人事異動
  • 担当変更
  • 資格取得

などなど。

 

まれに会社都合(資本関係が変わる等)もあるが

たいていは個人の立場や環境が変わるといった

変化のきっかけになる時だ。

 

変化に適応していくことで

能力・技能・経験値が高まり成長へと繋がる。

 

だから名刺が変わるということは

成長するチャンスが来たという解釈もできる。

 

もし会社名刺がなかなか変わらないという人に

おススメなのは自分名刺を持つこと。

 

自分は何ができ、どんなことで誰に役立てるのかを

1枚の名刺に凝縮すると自分が何者なのかがよくわかる。

 

 

自分名刺を変更したくなる時は

自己成長している証拠なのだ。

 

 

会社名刺は実績より先に与えられるが

自分名刺は実績ができてから変わるので

自分名刺はストックの有無に関わらず

どんどん変更した方がいい。

 

だって新しい名刺を持つと

配りたくなるし人に会いたくなるでしょ。

 

既に名刺を渡している人でも

「名刺が変わったんです」と言えば

ほぼ例外なくもらってくれる。

新しい名刺がきっかけで

仕事や相談につながることもある。

 

すると行動量が上がり

また自己成長のきっかけがうまれる。

だから名刺は自己成長のバロメーター。

 

パワポを使えば無料テンプレートはゴロゴロあるし

印刷もネットなら100枚1000円以下でできる。 

どんどん行動し名刺の中身が変わっていくと

自己成長の手応えが感じられるようになる。

 

すると仕事も面白くなると思うのです。