読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

人を信じるとは傷つく覚悟を持つこと

相手を心から信じるとは

自分が傷つく覚悟を持つことであり

裏切られる覚悟を受け入れることだ。

 

「信用してたのに裏切られた」

「期待してたのにダメだった」

 

こうしたことが繰り返されると

傷つきたくないから信用しない。

最初から期待しなければ落胆することもない。

となってしまうのも無理はない。

 

しかし

信じることのない人生は熱量が低い。

 

「過去裏切られたから信用しない」

「そもそもアイツには期待していない」

 

また裏切られるかもしれない。

また期待する結果をだせないかもしれない。

そんな相手を信じることができたら

相手には「今度こそ期待に応えよう」と力が宿る。

 

傷つく覚悟を持って信じると

行動に熱量・情熱が宿り始める。

だから自分を奮い立たせることができ

相手が感化されて動き出す。

 

人は言葉ではなく

行動を見て動くもの。

 

だからこそ

相手を信じた熱量のある行動が

人を動かしていくものだと思うのです。