情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

あなたならどう解釈する?「買ったばかりの服を派手に汚してしまったら」

仕事中、買ったばかりのYシャツを

ボードマーカーのインクで汚してしまった。

f:id:es4794:20170420210528j:plain

 

ダメ元でクリーニング屋へ持ち込むとして

現状回復が厳しいこの状況をどう解釈するか。

  • 「あー、買ったばかりなのにツイてないなー」
  • 「こんなことになるなら買わなきゃよかったわ」
  • 「余計な出費が増えるなー」

 

という捉え方もあるが、さらに解釈を広げてみると

  • 「他人の服でなく自分のYシャツで良かった」
  • 「今まで知らなかったプロに出会えるかも?!」
  • 「ラッキー、ブログのネタにしよー」

 

起きてしまった事実は変えられないが

その事実をどのように解釈するかは自分次第。

 

起こった事実が望ましくないほど

マイナスの解釈を強く描いてしまう。

 

行動が「怒り・妬み・後悔」などへ繋がりやすいが 

もしプラスの解釈を創造できたとしたら

行動が変わり、行動が変わると結果が変わってくる。

 

私も昔を振り返ってみて

ポンコツ時代と今で一番違うものは「解釈」。

 

解釈が行動へ繋がり

行動は未来へ繋がる。

 

だから未来を変えるのなら

解釈を変える・広げてみることから始まる。

 

いきなり真逆の解釈を腑に落とすのは難しいが

今までとは違う解釈を創作してみると

解釈の選択肢ができる。

 

マイナスの解釈からの行動と

プラスの解釈からの行動。

どちらを積み重ねるかも自分次第。

 

解釈を選択することは

未来を選択することと

同じことだと思うのです。