読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

「一応できました」新入社員あるあるvol.5

ある先輩と新人社員との会話。

先輩:午前中にお願いした仕事、進捗はどう?

新人:『一応』できました。

先輩:一応って、何か問題でもあるのかい?

新人:**の部分が『ビミョー』なんです。

先輩:一応とか微妙って、もう少し具体的に教えてくれるかな?

新人:『っていうか』その、、、

 

友達同士ではあたりまえに使える言葉でも、ビジネスでは使わない方がいい。

  • 一応
  • ビミョー
  • っていうか
  • 何気に、、、etc

 

こうしたクッションの言葉は、仕事の経過や結果にに自信がない表れのようですが、こういう言葉を使った方がいい場面はまずありません。

 

もしあなたの社長が「来期は**事業に、一応チャレンジする」などと言われたらどう思いますか?自信がなさそうな感じが伝わってきませんか?

 

もしあなたがお客様から「あなたがお勧めの商品を採用しても大丈夫ですか?」と聞かれて「一応、大丈夫です」と答えたら、お客様はどのように思うでしょうか。

 

「はい、できました」「来期は**にチャレンジする」というように、余計なクッションは省いてハッキリ言い切った方が、わかりやすく聞き手にもストレートに届きます。

 

そして「あれだけ準備したから大丈夫」「全力を出し切ったからうまくいく」といったように、自分の持てる力をすべて出し切っていれば、一応という言葉はでてこなくなるもの。

 

4月は研修中の新入社員の方も多いと思いますが、昨日より1歩でも前進しているように積み重ねて活躍して頂ければと。