読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

「思うならやれ」時間は待ってはくれない

「●●は、やろうと思っていたところです」

 

採用面接でこの類の発言をする人は

例外なく採用を見送っている。

 

なぜって

思うばかりで行動しない人は

ほぼ例外なく仕事ができないから。

 

行動しなければ

自分も周りも変わらない。

変わらなければ成長もない。

でも時間は平等に過ぎていくから

徐々に下降していく。

 

そんな人生を自分が選択していることを

意外と本人が理解していない。

 

一方

仕事で成果が出せる人

好きなことに仕事をしている人

周囲から憧れの的になっているような人は

 

「●●は、やってみたけどダメでした」

 

思ったことは

思うだけでなく行動している。

だから失敗もするけれど

成功も手に入れてどんどん上昇していく。

 

少し前ある人が言った。

「川島さん、喋ってるだけでお金(給料)もらえていいですね」

 

コミュ症だったポンコツサラリーマンが

身体一つ・話一つに価値を感じてもらえるまで

どれだけ自己投資をし練習を重ねてきたのかも

知ろうとせず簡単に言うな。

 

種を蒔かずに実だけ得ようなんて虫が良すぎる。

成功している人・楽しそうに仕事している人は

隠れたところで時間もお金も投資しているのだ。

 

全ての人間に平等なのは

1.生まれて死ぬことと

2.一日24時間であることくらい。

 

誰しも明日死ぬかもしれないし

時間は誰にでも24時間平等なのに

人によって成果が違うのは

やったか・やらなかったか。

これしかない。

 

やれば変わるし

やらなければ変わらない。

 

思うならやれ。

時間は待ってはくれない。

 

もちろんあなたの人生

やらない人生・変化を拒む人生を選ぶのもいい。

ただし嫉妬や妬みで

私の足を引っ張るのだけはやめてくれ。