情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

運転とビジネススキルは比例するか? 

自論は「比例する」と思っている。

 

採用の最終選考で『焼肉面接』をするのと本質は似ていて、その人の深層心理が見えるのが運転。

 

例えば、渋滞にはまり「ったく渋滞かよ!アポ遅れそうだなーーー」と、車中でイライラしている会社員がいたとする。

f:id:es4794:20170321233929p:plain

 

車を使うなら渋滞はどこでも発生するが、そもそもの段取りに落ち度はなかったか。

  • もっと早く出発できなかったか
  • 迂回路は調べてなかったのか
  • 公共交通の方が時間が確実に読めなかったか
  • アポ時間は妥当だったか

 

同乗者への気配りなどもそう。

  • 居心地はどうか
  • 寒くないか・暑くないか
  • 酔っていないか
  • トイレは大丈夫か

といった気遣いは、コミュニケーションや仕事振りにも現れる。

 

一方、少し極端な例だが

  • 信号無視をバンバンする人
  • 同乗者そっちのけで自分の運転に没頭する人
  • 思い通りにならないとすぐイライラする人
  • マナーが悪い人

 

こうした人は仕事でも同じような行動を取るため、顧客に受け入れられなかったり、協力者が得られなかったり。少しずつ人が離れていき、成果から遠のいていく。

 

相手のために自分にできることは何か。

 

運転でも食事でも何でもいい。一緒に楽しい時間を過ごしたり、相手をもてなしたりすることと、仕事で成果を上げていくこと。

 

根っこは同じことだと思うのです。