読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

読者に役立つ情報発信だけが、生き残る時代になってきたようだ

元気に働く 元気に働く-ブログ

あなたがブログを書く目的は何ですか?

 

読者(ユーザー)に役立つことを置き去りにして、自分が稼ぐことを最優先しようとするブログは、今後検索で不利になる=順位が下がるかもしれない。という話。

www.kk3marketer.com

 

Googleのアップデートとは、検索アルゴリズム(サイトやブログを検索したり順位付けするプログラム)が変更になること。その結果、今まで上位表示されていたページが圏外になったりと検索順位に影響が出てきます。

 

今後すべてのブログが検索の圏外になるわけでなく「ブログの目的がアフェリエイト=広告収入の強いブログは、Google検索で順位が下がる」という報告が、3月9日以降ネットでにわかに報告され始めています。

 

ネット検索で表示されないブログを、赤の他人に見つけてもらうのは非常に難しい。もしこのアップデートが今後も適用されていくなら、広告を貼らず読者目線で役立つ発信を心掛けてきた身としては歓迎です。

 

しかし、このテの話はいつも「いたちごっこ」。 ルール変更がおこると、抜け道を探して楽に稼ごうとする輩が必ずいる。としても、アフェリエイトが主目的のブログが今後検索の価値が下がる傾向だとすれば、読者にメリットは大きい。

 

だってブログに表示される広告って邪魔じゃないですか。一瞬でも記事から気がそれたり、間違ってクリックしてしまったり。せっかくタイトルやリードに興味を持ってくれた人に、望まない広告を出して収入を得るってブログの意義として本末転倒です。

 

ネットでもリアルでも

『相手に役立つことを考えて発信・行動』していれば間違いない。

 

逆に、相手のメリット/背景心境などを考えず

自分だけが稼げればいい

己の都合だけまかり通ればいい

自社だけが売上(利益)を得られればいい 

とか考えるから、小細工や駆け引きをやりだし、見透かされて人が離れていく。

 

私は、アフェリエイト(広告表示)丸出しのブログやサイトだったり、こちらの事情や気持ちに配慮せず、自分の都合だけを押し込んでくる人は信頼しません。

 

もし自分ブログ・自社サービスの価値が、世の中でオンリーワンなら相手から求めてやってくる。しかし大抵は競合だらけ。とすれば「売る・稼ぐ」の前に「相手に役立った結果、売れた・稼げた」という考え方にしなければ生き残れない。

 

私たちはそんな時代を生きていると思うのです。