読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

就活解禁前の学生にこれだけは伝えておきたい

就職が全ててはない。

就職は社会て働くための手段であって目的ではない。ということ。

 

世界的に見れば、4月に新卒一括採用がこれ程浸透している国は日本くらい。ヤフーの通年採用は大きなうねりになりそうだが、コストが限られている中小企業が同じ流れに乗れるかは不透明。

 

しかし社会の大きな流れとしては「成果主義」の波がやってきている。

 

最近ではカルビーが在宅ワークの上限日数を撤廃した。会社に来ても来なくてもいい。逆を言えば「成果でしか仕事を見ない」「仕事の過程は管理しない」という会社の裏メッセージだ。

 

これからは例えば一日8時間を20日、自分の人生の時間を会社に渡す変わりに固定給をもらう。安定した会社で消耗せず長く働きたい。といった、会社で働くことが目的になってしまうと、非常に危険な時代になってくるから。

 

「大手企業が安定してそう」と思うなら、実際に大手で働く社会人に話を聞いてみるといい。生き残りを掛けて毎日必至で働いている話が聞けるだろう。

 

卒業後に就職先が決まらいと「負け組」的な雰囲気を感じるかもしれない。でも、学校卒業=やりたいことを見つけてストレートに就職、という人の方が圧倒的に少ないのが現状なんです。

 

大切なのはあなたの人生を、あなたが何を目指して働いていくかを、あなたが決めること。人に決められた人生は苦しいときや理不尽なときに、どこかで不満や言い訳に繋がってしまう。そんな学生や求職者がをたくさん見てきたから。

 

何のために就職をするのか。「学校を卒業するから」という理由以外でとことん考えてほしい。それが今の時点であなたの働く理由。もし就職するならこの上に志望動機に繋がっていきます。