情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

相手に自分を伝えたいなら文字?映像?

人に何かを伝えるなら

文字だけでなくイメージ(映像)もあった方がいい話。

 

例えば私の駅伝について自己紹介。

はじめまして、川島正好です。

最近の趣味は駅伝です。

先日も稲毛海浜公園で 駅伝大会に参加しました。

チームカラーは赤で Tシャツはマネージャーがデザインしてくれました。

カメラ好きのメンバーもいて腕前はプロ級なんですよ!

 

と言葉で伝えるのと。

 

まずこちらをご覧ください。

f:id:es4794:20170225082337j:plain 

この写真、どこで誰が撮影したと思いますか? 実は、、、

 

どちらの方が伝わるでしょうか。

どちらの方がもっと聞きたいと思うでしょうか。

 

言葉で説明されると理解しようとするので

「左脳」が働きます。

映像を見るとイメージするので

「右脳」が働くのです。

 

もちろん伝える情報よっては

文字で正しく正確に伝えなければならないものあります。

 

就活でも自分の事をわかってほしい。

個性が発揮できる職場で働きたい。

 

このように考える就活生は多いですが

就活セオリーに 埋もれてしまっているケースを多く見かけます。

 

採用担当は能力や将来性だけでなく個性を見て

一緒に働けそうかを判断したいのが本音です。

特に中小企業は顕著だと思います。

 

しかし圧倒的に文字が多い。

ES・履歴書・成績証明書・自己PRシート、、、

そう、採用担当は普段文字ばかり見ているんです。

 

以前、当社の採用試験での実話。

「あなたらしさが一番伝わる写真はありますか?」

「あります。、、、、、でも」

「見せたくなければ無理しないでいいですよ」

「趣味でなんですが、こんな写真見せたら不採用になると思って、、、」

「あなたが好きなものは否定しません。質問の目的はあなたらしさがどういうものなのかを履歴書とは別の形で知りたいからです。出す出さないは自由に決めてください」

 

「(スマホで)これです」 

 

コスプレの写真でした。

面接ではすごく緊張されていましたが写真ではすごくイキイキとしていました。 

「なぜ見せてくださってんですか?」

「今とても緊張しています。でも自分が活かせそうな会社で、全力で働きたいと思っていました。そのきっかけを頂けた気がしたからです」 

 

結果は採用。

もちろん写真を見せれば

内定が取れる話しではありません。

 

イメージと文字をうまく組み合わせることで

将来を切り開いていくことに

繋がることもあるということです。