読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

ブラック企業に就職したくない就活生のあなたに読んでほしい

自分にとって「ブラック企業」とは?

ここを考えよう。


ネットや口コミで流れてくる表面的な「ブラック」という情報に流されないようにするために。もちろん法令違反の企業は論外として、あなたにとってのブラックとは何か。


例えば人間関係。もしある従業員が

「上司にパワハラされた。あの企業はブラックだ!」

と、ネットに書いていたとする。


そもそもパワハラの線引きも曖昧だから、同じ出来事でもパワハラと感じる人と感じない人がいる。もちろん何の非もなく、理不尽に一方的に身体的・精神的な苦痛を受け続け、個人にも組織にも自浄能力がなく退職せざるを得ないケースも耳にする。


しかし人間関係のトラブルの原因をひも解いていくと、少なからず自分にも非があったりする時もあるし、お互いの勘違い・思い違いが放置されて修復不能な状態になってしまうこともある。


だからブラックとは、事実と主観が混在している言葉だということを認識した方がいい。そして誰かにとってのブラック解釈は、自分にとって必ずしもブラックでない場合もある。


例えば、もし企画職で採用されたAさんが会社都合で営業職に配属されたとする。

「何それ?話違う」と解釈するA社員。

「可能性を広げるチャンス」と解釈するB社員。


あなたの解釈はいかがでしょうか。


日本の企業数は統計上420万社。

420万通りの社長と会社の価値観があるから、そもそも白黒だけで分けられるものではない。だから社会に出る準備として、自分のモノサシを考えたり悩んだりするのも就活の一部。

 

もし納得するモノサシが見つからない学生は、とことん一人で考えるのもいいし、自分の意見をオープンにして研ぎ澄ますのもいい。

 

もし後者に少しでも当てはまるなら、今週末に開催する就活座談会がオススメです。川島をはじめ個性あふれる社会人の仲間が一緒に参加してくれます。よろしければご覧ください。

blog.kawa4ma.asia