情熱セールストレーナー川島正好のブログ

営業研修・コミュニケーション教育に関わるトレーナーが毎週更新。元、人事部門の経験から採用・キャリア支援や人事評価などの話題も。

信頼関係がゼロになった虚無感

信頼関係を失った人は

まるで魂が抜かれたような

見ず知らずの他人のよう

 

確かにそこに存在しているのに

まるで何も存在しないような

うっすら見える透明人間のよう

 

何を言われても届かない

何を言われても動かない

 

落ちるところまで落ちると

元に戻そうとする気すら起こらない

理由を考える気力もない

 

それが相手のせいなのか

それが自分のせいなのか

どうでもよくなってしまう

 

そんな自分を否定するか

それも自分だと肯定するか

 

防衛本能が働いているのか

変化の踊り場にいるのか

 

答えを見つけて

自分を納得させることができるといいが

どうやらそんな次元ではなさそうだ

 

悔しい

悲しい

大嫌い

どれでもない

 

虚無感

 

相手に求めるものも

相手から求められるものも

何もない

 

初めての感覚

うまく言葉にできない

する必要すらないかもしれない

 

でも一つだけ確かなのは

自分を信じられるのは

自分しかいない

 

それでも明日が生きられるのなら

誰かの役に立てる自分でありたい

 

f:id:es4794:20170125010403j:plain