読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

ご都合主義の人との関わり方

元気に働く 元気に働く-反面教師

ある業者と見積りのやりとり

 

◎金曜日

川島「お見積り頂くのに、弊社で用意するものはありますか?」

業者「一度調べてまたご連絡します」

川島「急ぎませんので、週明けで良いすよ」

 

◎土曜日

業「月曜朝までに**を調べてご連絡いただけますか」

 

このメールを確認したのが土曜日の夜。

川「対応は日曜日の夜になります」

その後連絡無し。

 

◎日曜日の夜

業「やっぱり調査は不要です。よろしくお願いします」

 

おいおい。

もしこちらが前倒しで日中作業してたら

無駄な作業になってたよね。事情が変わるのは仕方ない。もっと早く連絡しましょうよって話。

 

そちらから期日指定しておいてギリギリになって梯子(はしご)を外すってどんだけご都合主義なのさ。

 

こうした自分都合丸出しのコミュニケーションを取る人に限って経験上

 

「信頼関係が大事」とか

「期日までに提出せよ」とか

「至急お願いします」といった自分都合を押し込んでくる。

 

こうした人と関わらなくて済むならいいのだが、先生や先輩など関わらざるを得ない時にはどうすれば良いだろうか。

 

その人の性格とその人から出てくるアウトプットを分ける。人格にフォーカスすると人間感情的になってしまうが、アウトプットにフォーカスすると何が問題なのか明らかになる。

 

罪を憎んで人を憎まず。


でも人間だからどうしてもダメな場合もある。そんな時はご相談ください。(学生であれば無料で対応します)