読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

もし迷子の外国人に声を掛けられたら?悪戦苦闘の先にあったもの

元気に働く 元気に働く-コミュニケーション術

ドラッグストアで買い物を終え、お店を出たら外国人に声を掛けられた。何やら困ったようすである。

「チョットイイデスカ??」

(ん?新手の宗教か?)

「はい、何でしょう」

「ワタシ、ニホンゴ、、、スコシシカ」

「大丈夫ですよ。お困りですか?」

「ココ、、ドコ?」

「千葉の作佐部ですよ。ほら、、ここ(Googleマップ)。ところでお名前は?」

「ジョン(仮名)イイマス」

 

私の小学生レベルの英語力では到底太刀打ちできいかも?とよぎったが、あちらも片言の日本語と英語だ。移動の合間で少し時間があったし、相手も困っているのでやれることはやってみようと思った。

「チェンジチェンジ!」

(え?私がチェンジ?って意味が違うかw)

「ジョンさんここには電車で?」

「アレヨ(軽自動車)」

「どこかへ行きたいの?」

「ガイジン、ミンナミンナ、ワーッテ、チバ、トーキョー*‘¥#&!?」

(もしかして入国管理局かな)

「ジョンさん、もしかしてビザ?」

 

以前就労ビザを取得したジョンさん※仮名。車で更新手続きにやってきたがナビもなく千葉市街で迷子になったようだ。(と、ここまで把握するのに15分くらい掛かった)

「イェスイェス!デンワコレ!」

(付箋に電話番号が付いたメモ帳を出してきた)

「ジョンさんナーイス!これで大丈夫。繋がるよ!」

03-0000-1234、、、

(ん?03?品川の入管かな?)

 

 

 

「はい、シンガポール航空ですが」

 

 

「ジョンさーん!(ノ∀`)全然違う番号だよこれ!」

「ン?ナニ?」

「(だめだ!)ジョンさんパスポートある?」

(確か入管で発行する記録に連絡先があったはず)

「あった!入国管理局・千葉出張所。ここに行きたいの?!」

「イエスイエス!」

「ビザの更新ね?」

「オッケーオッケー!」

043-000-1234、、、

 

 

 

「本日の業務は16時で終了しました。またのご連絡を、、、」

 

(ノ∀`)

「ジョンさん今日はダメだ。クローズだって。明日だね」

「オー、、、」

「場所は(Googleマップ)ここ」

「ワカリマシタ!」

「明日行ける?っていうか今日帰れる?」

「オーケー!」

「何かあったらさっきの番号があるから。それじゃ気をつけてね」

「ア、、、」

 

 

「ん?どうしたの?」

「ドウモアリガト、アナタキイテヨカッタヨ」

 

共通の言語がなかったらどうすれば伝わるかフル回転だった。ジョンさんの目の奥にある言葉を感じながら、あの手この手で会話した。ジョンさんも私が何を伝えようとしているか全身で受けとめようとしている感じだった。

 

普段日本語で会話していると、日本語で伝えれば伝わっていると思ってしまわないだろうか。

「伝えた、伝えていない」
「言ったはず、聞いていない」
「アイツが何を考えているかわからない」etc、、、。

私もついつい忘れがちだが、違う人間同士だから
わからないことだらけ。だからこそお互いを理解しあえるコミュニケーションという手段があるのだ。

 

伝わるだろうか?わかってくれるだろうか?という気持ちで始まった会話だから、伝わったことが、わかりあえたことが嬉しかったのだと思った。

 

コミュニケーションの原点を思いださせてくれた、ジョンさんに感謝であります。