読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

コンビニで男性客が罵声の嵐!偶然居合わせてしまった話

元気に働く 元気に働く-コミュニケーション術

あるコンビニで挽きたて珈琲を
5杯買った中年男性客がひとり。
私も1杯購入するつもりで
その男性客の後ろに並んでいた。


寒いので手を暖めたくて
カップを買ってウキウキしながら
珈琲メーカーの前へ。
ボタンをポチッと押した直後に

 

「オイ(店員)テメー!何だこれは?!」
「だから申し上げた通り、、、」
「俺はどうやってこれを持っていけばいーんだよ!!!」  


雑紙の珈琲ホルダーは
(例:https://goo.gl/f0gM6t ※お店と写真は無関係です)
4杯分のものしかお店にはなく
ホルダーをレジ袋に入れて4杯
残りの1杯は手で持って欲しいと
男性客に伝えたつもりだったようだが
客と認識が違っており憤慨したようだ。

「オイコラ逃げんのか?!」
「だから先ほど確認させて頂きましたが、、、」
「そんなの聞いてねーんだよ!!」
「1杯は手でお持ちいただいて宜しいでしょうかと、、」
「アァ?知らねーよ!!!」 


話にならない。
男性客の罵声は店内中に響き渡る。
店内には客は2~3人
見るに見かねた店長が

「他のお客様のご迷惑になりますので外へ、、」
「俺が迷惑だ?定員の接客態度の方がメーワクだろうが!」
「とにかくこちらの方へ、、」
「だから俺はどーやって持っていけばいーんだよ!!」 


と火に油。
見るに見かねてしまった。

「どうされました?」
「あ?!何だテメー」
「荷物が沢山あって重そうですね」
「そうだよ!だから片手しか使えねぇんだよ!」
「なるほどー、片手で済ませたいですよねぇ」
「だからさっきから言ってるだろうが」
「珈琲5人分も大変そうですね、、」
「いつも俺が使いッぱだよまったく」
「そうだったんですねー。あれ?雨降ってきました?」
「外は寒いし、さっさと済ませたいんだよなぁ」
「無理もないですよ」
「、、、」
「あ、次があるので失礼します。お気をつけて」
「ああ」 

 

この後どうなったかはわからない。
そもそもこうした迷惑行為は論外なのだが、
仕事でもちょっとした勘違いから起こる
コミュニケーションエラー。


「言ったはず」
「聞いていない」


目に見える言葉と会話するのか
その言葉が出た原因と会話するのか
どちらにピントを合わせるかで
その後の展開が変わってくると思うのです。

 

、、、
珈琲すっかり冷めていた(あー

f:id:es4794:20161103022948j:plain