読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

プログラミング教育で伸びる人と伸びない人の違い

プログラミング教育で伸びる人とは

自分目線のカメラと

相手目線(物事を俯瞰=ふかん)するカメラの

両方を持っている人。

 

例えるならカーナビのズーム機能。

一点を集中してみることができたり

広く全体を見渡すことができる人。

 

なぜなら

日本語が話せるからといって

小説家・詩人・漫画家になれるわけではない。

バイリンガルだからといって

必ずしも通訳や外交官になれるわけではない。

 

英語の文法を覚えただけで

英会話ができないのと一緒で

プログラミングを学習しただけでは

プログラムは書けないのだ。

 

そもそもITは

問題を解決するためにあるので

プログラムを作ったり動かすのは

問題解決の一手段にすぎない。

 

だからプログラムを作る前に

どんな問題を解決したいのか

どんな機能があればいいのか

どんな効果があるのかといった

全体を俯瞰(ふかん)という他者目線が

メチャメチャ重要。

 

逆に全体を見なかったり

自分本位でプログラムを作ると

的外れな機能を加えてみたり

自己満足な成果物ができあがってしまう。

 

最近プログラミング教育が注目されて

大小さまざまな企業や団体が

プログラミング教育に力を入れていることは

業界人として嬉しい限り。

 

ただ元SEのエンジニア経験や

SEの卵を採用・育成する立場で感じるのは

プログラミングを身につければ将来安泰という話は

半分本当、半分嘘。

 

個人の趣味でプログラムを作るなら関係ない。

好きなものを好きなだけ作ればいい。

 

しかし仕事にしていくなら

スキル=プログラミング教育だけではなく

メンタル=他者目線を鍛えておくことが大切。

 

そのためには本を読んだり

世代の違う人や色んな価値観を持つ人交流して

内面を磨くことが大切なのだ。