読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

毎日「仕事つまんねー」という会社員のアナタ!学園祭行ってみなさい

毎日毎日、自宅と会社の往復で

仕事つまんねーとか社畜ーとか言ってる人は

学園祭に行ってみるといい。

 

学園祭はパワースポット。

学生から元気もらえますよ。

 

と勧められても

「せっかくの休日なのにメンドクセー」

といって動かないんでしょ?

 

そういう思考だから仕事がつまらないの。

今の自分は、今までの習慣や選択の集大成。

それなのに上司や会社のせいにして

今の環境を本気で変えようとすることから

逃げている。

 

よほどの才能と運がなければ

一気に環境が変わるなんであり得ないのに

まるで宝クジが当たることを夢見るかのように

ダラダラ毎日過ごしていない?

 

いい?

成功している人や羨ましく見える人は

みんな行動しているの。

 

はじめの一歩がこれから人生に

プラスになるのかわからないけれど

直感を信じて行動してる。

脳みそフル回転で何かを生み出そうとしてる。

そんなことを続けているから

チャンスも巡ってくるし感度が高いから

掴み取ることができる。

 

今の自分に問題意識を感じず

明日が当たり前にやってくると思って

時間と自分の可能性を浪費しているなんて

もったいなくない?!

 

今過ぎ去った1秒は

1億円払っても取り戻すことはできない。

 

学園祭は一つの例。

ダメ元で行動しようって話。

 

つまらなかったら動いてみようよ。

面白くなかったら面白くしようよ。

 

あなたの人生を上向きにする魔法使いは

あなたが上向きの人生を目指さないと

絶対にやってこない。

 

でも後ろを振り返る愚痴ばかりの人生を手放して

前を向いて歩いていこうと決意して行動し始めれば

魔法使いは身近なところから現れるよ。

 

7年前までの私がそうだった。

何となく毎日ダラダラ過ごして

何となく双子の育児をしながら

人生こんなものかなと毎日浪費していた。

仕事が人生を面白くするなんて

夢にも思わなかったしそういう人たちは

高校や大学の時点から上向きの人生が

決まっていると思っていた。

 

でも従兄弟が死んで目が覚めた。

今の自分は今までの考え方や

習慣が積み重なった結果なんだって。

言い訳だらけで愚痴不満ばかり言って

会社や上司の文句ばかり言って

誰かの役に立とうなんて思ってなかった。

つまらない自分と向き合おうとする

勇気がなかったのだ。

 

「会社員と名乗るのが恥ずかしいと思っていた自分が恥ずかしかった」

 

でも一歩踏み出して少しずつ変わってきた。

自分を表現すると周囲の反応が変わった。

最初の一歩から始まった。

 

きっかけは自分でも他人でもいいと思う。

自分が動き出すと景色が動き出す。

無駄かどうかは動いてみないとわからない。

一歩でも半歩でも。

 

行動が未来をつくる。

f:id:es4794:20161030170724j:plain