情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

親しき仲にも礼儀を~友達だからって自分の都合ばかり押しつけていない?

仲のいい友達でも
相手が迷惑する言動は慎むべきだ。
そうしないと相手の我慢の上にしか
人間関係が成り立たなくなる。

 

友達だからといって
何をしても許されるものではない。
親しき仲にも礼儀あり。

 

人は基本的に「売り込み・押し込み」を嫌がるもの。
よほど尊敬する人や憧れの人からなら別だが
一般人から売り込まれても買うことはまず無い。

 

さらに売りが強すぎたり、自分都合丸出しの言動が続くなら
「商品に興味がないから買わない」のではなく
「アナタが嫌いだから買わない」となり興ざめする。
表面的には会話しているようで心は冷めていたりする。

 

もし関係が浅く利害関係がなければ
SNSでブロックしたり二度と会わなければ済むが
相手と他のコミュニティで接点があったり
自分の友達が相手にお世話になっていると
バッサリ判断できないことが多いのではなかろうか。

 

「迷惑ならハッキリ言えばいい」とか
「苦手なら(関係を)切ればいい」などと
白黒はっきり出来る人ばかりではないし
程度が軽ければ正論で戦うより
受け流した方が楽。という人もいるのだ。

 

だから友達関係に乗じて
自分の都合やメリットを丸出しにして
ゴリゴリ押し込んでいないかもう一度考えてみたい。

 

本当にいい人・いい商品・いいサービスであれば
共感され自然と広がっていくものだし
人間関係も長続きすると思うのです。