読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

「中小企業に決めるのが不安です」という就活生の話

これから働く これから働く-就活支援

とある大学生との話。

  • 就職活動の序盤は大手企業へ
  • 大手の選考が終了する6月以降は県内のメーカー系を中心に。
  • 9月以降は中小企業に目を向けやっと内定が出た。

大学生によくある就活パターンだ。

「よかったねー」

「、、、ありがとうございます」

「どうしたの?」

「内定は出たんですが、何となく不安なんです」

「というと?」

「中小企業で決めてしまっていいのかなと思って」

「え?自分で応募したんだよね?まさかヘッドハンティング?(笑」

「まさか(笑」

「迷うようなことがあったとか?」

「親が、もっと他にいい会社があるんじゃないかって」


やはり。
就活に過干渉する親御さんは一定数いるが
感覚では年々増えている気がする。
他社でも「親に反対されたから内定を辞退する」
という話は耳にする。 

「ちなみに今の大学を選んだ理由は?」

「特に、、、高卒では就職したくなかったので」

「今の大学は楽しい?」

「まぁ可もなく・不可もなくって感じです」

「学生時代に何か部活はやってたの?」

「はい。陸上を」

「入部したきっかけは?」

「先輩に誘われて何となく」

「結果は?」

「まぁ、フツーです」

 

目的意識のない学生を「ゆとり世代」と
括ってしまう人がよくいるが
問題なのはむしろ環境を作った大人の方。
彼らは当時の教育を疑うことなく
消化したにすぎないのだ。

しかし前途多難な若者だから
スイッチは入れておきたい。

「今のままだと、どんな選択をしても同じかもね」

「どうしてですか?」

「選択に目的がないから、流されてるだけ」

「、、」

「成功も失敗も残らない」

「、、、」

「納得も後悔も感じない」

「、、、、」

「風船のように流されっぱなしの人生へようこそ」

「、、、どうすればいいでしょうか?」

 

「自分で決めること」

「自分で?」

「いま(歳)いくつだっけ?」

「22歳です」

「もう大人なんだから自分で決める。決めるために目的と向き合う。すると具体的に動き出せるよ」

「なるほど」

「失敗もするし後悔するかもしれない」

「でも、成功もするし納得もするかも?」

「その通り!」

「よく考えてみます。ありがとうございました」