読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

「売り手市場で、中小企業にはいい応募者が来ないんだよね~」と嘆く採用担当の方へ

ブログ書いてます?

会社目線・人事目線の会社紹介ではなく
応募者目線で会社を公開するの。

  • 事業や理念・・・なぜやるの?
  • 仕事のこと・・・どんなことを?
  • 研修のようす・・・サポートは?
  • 社員インタビュー・・・どんな人がいる?

「情報ならホームページに書いてるから不要でしょ」
「時間がなくてブログ更新まで手が回らなくてねー」
「ウチにはブログとか書ける人いないから」

だから応募が集まらないの。

誰もが知っている一流企業でも
誰もが使っているネットショップでも
CM、スポンサー、ネット広告で露出をし
消費者に発信し続けているのはなぜか。


「ウチはそんなお金ないから」

いや、そういうことじゃなくて。
応募者に役立つ記事を発信続けないと
見つけてもらえない時代で
私たちはビジネスしているということ。

ホームページを出していれば
応募者があなたの会社を見つけてくれて
わざわざ応募してくれるなんて思ってたら
こんなに情報が溢れて競合だらけの世の中で
お気楽すぎる。

そりゃ言い訳ばかりで
やることやらなきゃ埋もれていくよ。

自分の会社が何をしていて
どんな社員が働いているのか。

予算が限られているからこそ
お手軽な求人広告に飛びつくよりも
地道にブログを書き溜めていった方がいい。

やがてブログは資産になるから。
いつどんな記事が検索されるかわからない。
求人媒体は掲載期間が過ぎたら消滅するが
ブログなら検索され続ける。

当社の事例だが
4月に産休復帰した女性エンジニアの
インタビュー記事を数ヶ月後に見て応募してくれた人がいた。

転職活動でネットを使って情報を集めましたが、ホームページだけでは企業の雰囲気や温度感がわかりません。

社員のインタビューはすべて読みました。社員一人一人の言葉で書かれているようにも見え、安心して働けそうな会社だと感じました。 

また会社ブログをこまめに更新している企業は少なく、ブログが更新できているということは、会社の仕組みにも余裕も感じました。

 

求人広告は2週間~1ヶ月で数十万円。
もし同じインタビュー記事を有料広告に掲載していても
掲載終了でミスマッチになっていたと思う。

もちろんブログだけでもダメだが
ブログが繋いでくれる貴重な縁もある。

だからブログには価値があると思うのです。