読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための情熱キャリアアドバイザー川島正好の『元気な大人を育むブログ』

千葉市で人材育成に関わるサラリーマンが毎日綴る、元気に働くヒントや気づき(旧:hataraku日記)

相手が望まない商品説明は、売り込んでいるのと同じこと

元気に働く 元気に働く-反面教師

どんなに流暢な話し方をしても、一方的に商品説明を押し込んできても売れない話。

 

今日も昼休みに入電。

経験上、昼休みや定時後に掛ってくる電話は売込みが多い。

「あ、株式会社**の◎◎と申しますが、社長様いらっしゃいますか?」

 

(あー、電話に慣れた感じの女性だけどNGパターン濃厚)

 

「終日外出しております」

「そうでしたか、ではまた週明けにお電話いたします」

「週明けでもご用件次第ではお取次できかねます。ご用件は?」

「アポイントのご相談です」

 

(受話器の向こうでは他の営業電話が聞こえる)

 

「お聞きしたいのはアポイントの目的です」

「失礼しました。実は不動産投資のご案内を差し上げておりまして」

「そういった関係は全てお断りしております」

「、、、」

 

(次の一手を考えているのか、それとも別の手で揺さぶるつもりか)

 

「ちなみに電話口の方は役員の方ですか?」

「だとしたら何ですか?」

「実は役員の方にお勧めの商品がありまして」

「私、役員ではないですが」

「そうでしたか!会社員の方でも今不動産お買い得なんですよ。理由は・・・」

 

(やっぱり誰にでも売りまくる根性営業だ)

 

「お断りします」

「もう検討済みですか?」

「迷惑です」

「なぜ迷惑なのですか?」

「欲しくないのに売ってくるからです」

「売っていませんよ、ご説明しているだけです。今を逃すのはもったいない、、、」

 

(ガチャ)

 

バブルでお金持ちの時代なら、買い手が大して欲しくなくても誠意・根性・値引きで売れたかもしれない。でも今は欲しくない人に売ってもまず売れない。限られたお金を間違いなく使いたい。そしていい商品でも初対面や素性の怪しい人から買うこともない。

 

似たような物が溢れて競合だらけ。

差別化しなければ見つけてもらえない時代。

 

何を売るかも大切だが、誰が売るか。

何を聞くかも大切だが、誰から聞くか。

 

アナタの話だから聞きたい。

アナタだから相談したい。

 

そんな風に思ってくださる人と関係が築ければ

売る方も買う方も満足しやすいと思うのです。