読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱キャリアアドバイザー川島正好のブログ

千葉で人材育成に関わるサラリーマンが毎日更新。進路講演・就活支援など学生に役立つ活動も熱量高めに展開中。

学生が可能性に気づくきっかけを作り、一歩踏み出す勇気を届ける

そのプロフィール写真は誰のため?

船橋「かさこ塾」に参加して、塾長のかさこさんからフィードバック。

『もっと大柄(190cm)の方かと思っていました』

 

今までのプロフィール写真は、昨年12月の駅伝大会のワンショット。Facebook友達にはリアル繋がりの人・ネット繋がりの人と両方いるが、初対面でも同一人物と感じてもらえるように顔が大きめのものを使っていた。

 

またプロフィール写真は、タイムライン・コメントに出てくるが画像が小さいので、顔を識別してもらいやすくする意味もあった(つもり)。だが、実は裏目だったことに「かさこ塾」で気づかせてもらえた。

 

どうやら人が近すぎて体格が大きい印象を与えていたらしい。で、その雑感をFacebookにUPしたら、他の塾生からも同様のフィードバックを頂けたので早速変更してみた。名刺のイメージと統一して様子を見ようと思います。

 

f:id:es4794:20160910090526p:plain

 

今までは「同じ写真はちょっとしつこいかな」と思っていましたが、自意識過剰でした。

 

自分でどんな写真が良いのか分からない時は、リアルな知人より初対面の人の方がおススメ。リアルで関係がある人は、リアルな関係性を考慮して意見が曲がったりオブラートに包まれる可能性がある(※もちろん率直に意見をくれる人もいますが)。だからネット繋がりの人と、初対面で会った時の感想聞いた方がおそらく真実です。

 

Facebookを使う目的が自分のためなら自分好みのプロフィール写真を使えばいいが、仕事でよりよい人間関係を築くために使うなら、相手目線でわかりやすく・安心してもらえるような写真がいい。

 

「かさこ塾」に参加しなかったら気付けなかったこと。これからまだまだ出てくる予感。来週も楽しみです。